樹凜プロフィール

Kirin profile-long version

百音樹代表であり RABY Captainは

生まれも育ちも下町(中野~勝どき・佃島・月島~深川)

父はジャズ ミュージシャン、母はSKD 

芸能畑の中に育ち 当たり前の様に舞台や楽屋裏の体感しながら

少々普通ではない生活の中・・お約束通り!芸能界に入る(13歳~23歳)

雑誌やTVドラマやCMをしながらの学校生活(ほとんどが早退)

理由があって 松竹映画の契約女優になりはしたけれど

箱入り状態のまま 安全な仕事&海外での

親善大使の様なイベント映画祭などに参加しただけ

怖い思いも危ない目にも合わなかった・・

素敵な経験をたくさんした青春時代でした

 

その間に始めたジャズダンスに目覚め プロに混じってレッスン通い・・

やがてプロとして舞台TV・振り付けの仕事をするようになり

そう このあたりで結婚し いくつもの教室を運営する様になりました

 

またまた理由があってダンスの仕事をやめてダンスは趣味になる

では何か他の事しましょうと作詞活動をスタート

元々文章を書くのが好きで子供の頃から詩や手紙をよく書いていましたが

よくぞ出会えましたの出会いにより

大好きな作詞家K氏に個人指導してもらいながらの

数年間の間にチャンスをいただいた作詞の仕事

唯一残っているのが和久井映見のシングル&アルバムが出来ました

 

今 この時の経験が文章を書く事につながっている様に思います

 

二人の息子にも恵まれ 夢も持ったまま 自分の中の欠けてしまっている部分が

どうも消化されない 理解出来ないままに妻・母でありながら 仕事をし続けた

 

どうしても生き方を変えたい!何かをやらなければという思いばかりが

強くなり自分の中にある熱い思いを止められなかった・・・そして離婚

 

そこからが RABY/百音樹の誕生までのストーリーになります

私自身がいつでも何かが足りなくて・・毎日の様に人と情報を求めてた

今 あの頃を振り返ると そんな風に思います

始まりは毎日のホームパーティ・・・幸せな結婚生活だったと思います

大きなイベントからお茶会まで

ほぼ毎日の様にあった贅沢で華やかなライフスタイル

 

その中で 私はある意味孤独で いつも何かを探していました

周りの環境が生まれた時から普通ではないので

芸人さんやミュージシャン・・女優さん俳優さんが遊びに来たり招かれたり

充分に幸せなのに半分しか満たされない思い・・・

これは自分だけじゃない・・・妻であり母である人がきっと同じ思いを経験している

そんな風に感じていました

何を贅沢な!!とお叱りの意見もあるでしょう

でも価値観と感性で物事の受け止め方が違うから感じ方もそれぞれで

同じ出来事でも 何でもない我慢出来る人 気にもならないと思う人もいるでしょう

自由です!その人が自分らしく生きていられれば最高!!

私や私の周りにいる人はそうでは無かったという事です

 

類は友を呼ぶ!!でしょうねきっと

妻であり子育てをしながらの仕事は・・

夫への後ろめたさや、家事の負担を持ちながらの

なんとも窮屈で居心地の悪いものでした

それでも何かをしていかなければ自分の中のバランスが取れないのを知っていたから

仕事をやめなかったんだと思います(ずっと闘っていた様に思う)

大体の殿方は許可はしても本当の協力はしてはくれない・・ 子育てそのものもそうである様に

母親が全てをやって当たり前はまだ続くんだろうか?

自分の息子達にはそんな風には思って欲しくないな

私自身もひとりでダンス教室をスタートし いくつか運営していくまでに

ひとりでやっていく大変さと限界を体験しました

また、技術や経験だけでは成り立たない事がたくさんあって、

いくつかの条件が必要な事があると気付きました・・

そこで ならば私がそんな場所を作ろう・・作りたい!そこからは

何から始めていいかなんて何も分からないまま、思いつく事は全てやってきた

 

今もその延長上です・・

そこでは全ての事を選択できる

自分が必要な事を選び、できる事で参加し

自分が何をやりたくて、どうしたいのかを選び・考え・経験できる場所

それがRABY&百音樹です

止まる事の無い進化は続いています

常に気持ちが本物かどうか試される事が何度もあります

そんな中 五年前には考えもしなかった様な展開や関わる人達の気持ちの変化に

驚きます・・そして今 うれしい気持ちがいっぱいです

けして早いスピードでも大きな企業(会社)でもありませんが

少しずつ育てた思いが芽吹き出しています

信頼と協力・・本当の気持ちを大事にしていきたい・・それだけです!!

後はそれぞれに必要な出会いや経験が待っていますから

ここにいる仲間が必要ならば助け合い!落ち込む人がいたら励まし合う

(私が生まれ育った下町には当たり前にあった事)

子供の頃に感じていた安心やあたたかさ・・居心地の良さは

大人になったって みんなが求めている事なのではないでしょうか?

初心忘れるべからず・・の最大級!

初心者マークは付けたままに走らせていただいてます

これから 望もうとしている道は少々険しい様にも思います

ですが きっと私達がその力を備えたのでチャレンジしてみなさいということなのでしょう

今日も誰かと甘いお菓子を食べながら蜜談(?)は続く

目指すは下町エレガント・・・わがままな大人になろう計画は進行中

我が道を行くには、周りを巻き込みながら

迷惑もかけながら行くしかないので・・

どうしたら愛され必要とされながら、反発や意地悪にも負ける事無く

心のままに行けるものかを模索しながらの毎日です

 

今日も明日も どんな出会いがあるかわからない

大事な、言葉が届くかもしれない

なるべく多くの事をキャッチ出来る様にアンテナ立てていきましょう・・・続く